1990年から続けてきた地球市民の会のタイでの奨学金事業。タイの経済発展により本年度いっぱいで新・地球市民奨学金が終了することに伴い、最後の奨学生たちと交流する「さとやツアー」を実施します。この春にはノンハーン校を卒業する子どもたち。ぜひ現地に行って、彼らの輝かしい未来を応援しませんか?

タイ最後のさとおやツアー参加者募集!

タイ奨学金事業、最後の「さとおやツアー!」

1990年から続いたタイ奨学金事業!

「日本人はバナナか!」

日本人は、黄色人種なのに欧米(中身が白)ばかりを見ている-。
タイのソーシャルワーカー・ジャナロン氏との出合いから、
タイ農村部の支援を始めた地球市民の会。
1990年から、初等教育にアクセスできる子どもたちを増やそうと、
奨学金支援を行ってきました。
中学から高校、学校もさまざまなに変えながら、
これまでに3451人に奨学金支援を行ってきました。
元奨学生の多くは奨学金を受けることでより高い教育に進学ができ、
中には学校の先生になったり、日本へ働きに行ったりなど、
多くの子どもたちの「未来への選択肢」を広げるお手伝いをしてきました。

経済的成長を機に奨学金終了へ

当時は、貧しいながらも目を輝かせながら遊ぶ子どもたちに
「豊かさって何だろう?」
と始めたタイ支援。
一方で、2017年で30周年を超え、タイも経済発展を遂げました。
もともと始めた当時は小学校までだった義務教育も
中学校までに延長。
より多くの子どもたちが学校に通える環境が整ってきました。

「地球市民の会としての役目は終えたのではないか」

地球市民の会は2016年の理事会で決め、
2017年1月、現地で調査をし、
2017年度の奨学生の卒業を持って、
奨学金事業を終了することを決めました。

ノンハーン校の最後の奨学生たち

最後の奨学生たちの未来を応援!

ずっと「さとおやツアー」と題し、
現地への訪問を続けてきた地球市民の会。
今後も、タイを訪れるスタディツアーは企画していきますが、

さとおやツアーと銘打ったツアーは、

タイでは今回が最後となります。

現在ご支援を続けてくださるタイのさとおやさんにとっては、

過去の東北部からの発展や違いを楽しんでいただけるかと思います。

また、

  • 過去にさとおやをしてくださった方
  • 地球市民の会の活動に興味をお持ちの方
  • 国際協力やタイの農村部に興味のある方

など、多くの方にご参加いただければと思います。

ツアー詳細は…?

日程:2018年3月2日(金)~3月6日(火)
集合・解散:バンコク・スワンナプーム空港
※ご希望者は、福岡空港発着で当会スタッフが同行します。

訪問先:バンコク及びウドンタニ県

日程案
3月2日(金) 午前 福岡→バンコク空路 
午後   バンコク着 現地集合メンバーと合流
3月3日(土) 午前 バンコク→ウドンタニ
午後   ウドンタニ着 
現地カウンターパート・スラポン先生たちと交流
3月4日(日) 終日 ノンハーン校最後の奨学生と交流
夜  奨学生宅でホームステイ
3月5日(月) 午前 クーキャオ校訪問
午後 ウドンタニ周辺観光
3月6日(火) 午前 ウドンタニ→バンコク
午後 現地解散
夜 バンコク→福岡
3月7日(水)   朝 福岡空港着

参加費:6万5千円(現地宿泊費、国内航空券等)
※日本-タイの海外航空券、海外旅行保険は含まれていません。

お申し込み締め切り:2月16日(金)

よろしくお願いします!

 

(C)認定NPO法人 地球市民の会.All Rights Reserved.